安心と信頼の歴史 – 化粧品・入浴剤OEM 企画・製造 オリジナル化粧品| 株式会社クロイスターズ

お問い合わせフォーム

安心と信頼の歴史

安心と信頼の歴史

クロイスターズのルーツは、明治37年(1904年)に、化粧品や入浴剤などの研究・開発・製造を開始した
『八重椿本舖』にあります。
「高品質を正確に、真心をこめて」をモットーに追い求めてきた「良きものづくり」の実績と、いまも変わらず、時代の声に耳を澄ませて「五感満足」の感動商品づくりを目指す企業姿勢から生まれたクロイスターズ。
その誕生の物語は、創業110年を超える『八重椿本舖』の長き歩みのなかに綴られています。

■安心と信頼の歴史

昭和43年
1968年

株式会社クロイスターケミカルズを設立する。
初代社長に花岡康之社長が就任する。
本社:東京都台東区浅草橋4丁目2番2号
浅草橋で化粧品製造業の許可を取得する。
従来の市場に無い様な、「新しい」「魅力的な」製品を開発しようという花岡康之社長の計画のもとスタートした。

「ガラスクリーナー」「くもり止め」を製造。宣伝に「バーブ佐竹」「小川とも子」等のタレントを起用した。

昭和47年
1972年

平塚工場を開設し、大手メーカーのOEM工場としてスタートした。

昭和47年
1972年

東京都「夢の島」埋め立て処理場に、新開発した消臭剤を大量納入する。

昭和48年
1973年

財団法人日本環境衛生センターと提携し、臭気公害測定事業を始め、主に専売公社のタバコ製造工場、大手自動車工場、の臭気測定を行う。
大手トイレタリーメーカーの家庭用品の開発協力を行い、香料及び製品の製造を手掛ける。
環境衛生関連の功績により環境庁の「臭気対策研究会」の委員を委託される。

昭和49年
1974年

開発部を新設し、開発部員を8名に増員、雑貨製品の開発を開始する。

昭和52年
1977年

クロイスターケミカルズ、八重椿本舖営業部を吸収する。

昭和59年
1984年

入浴剤天然ヒノキ油を多量配合した酵素入り「もりの泉」を販売開始する。

昭和61年
1986年

大手メーカーの入浴剤OEMを始める。入浴剤生産ラインを平塚工場に整え、「もりの泉」の技術をもとに設備の自動化することで量産体制を整える。

八重椿グループの歴史を見る

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせは

03-5777-2285

平日:9:00~17:00(土日祝日休み)

メールフォームからのお問い合わせは

24時間対応(ご返信にお時間がかかる場合もあります。)